転職

転職後の自己紹介

転職後の自己紹介はどのようにすればいいのでしょう。


転職者にとっては、一年発起して入社した会社なので、
転職後の自己紹介は緊張します。


ただ1つ言えることは、
あまり意気込んで自己紹介はしないことです。


例えば、中途であることを強調して、前職ではこういう仕事を何年間かやってきた、
というようなことはあえて言わない方がいいでしょう。


そうしたことは、
いずれ歓迎会の席などで聞かれることなので、
その時に言えばいいのです。


あくまで勤務時間なので、簡単な挨拶で十分です。


転職すると言っても、企業にとっては新入社員としての扱いになるので、
最初の挨拶の時は、あまり余計なことは言わない方がいいでしょう。


前職のキャリアについては、人事労務担当者だけ知っていれば十分です。


初対面の転職後の自己紹介で、下手にしゃべると、
経験をひけらかしているように捉えられ、
あるいは、うちの業界では素人なのか、
と言ったような穿った見方をされる恐れがあります。


細かい事は、職場に馴染んでくれば
自然と新しい同僚から聞かれるので、その時に堂々と答えれば良いのです。


転職後の自己紹介は、爽やかに相手に不快感を与えないよう、
言葉遣いに気をつけて、
一生懸命努力するのでご指導よろしくお願いします、
という簡単な挨拶で良いでしょう。


 

サイトマップ